奈良香芝 大阪堺筋本町で腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛 外反母趾専門の整体院

香芝二上・大阪堺筋本町の腰痛専門整体院【朝起きたときに腰が痛い】

院長 Akira
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
院長 Akira
こんにちは。佐々木映です。香芝二上・大阪堺筋本町で腰痛専門の整体院を夫婦でしています。どこに行けばいいのかわからない症状、病院や接骨院でどうにもならかった症状を、ささき整体院で根本からとりのぞいていきましょう。

香芝二上・大阪堺筋本町の腰痛専門整体院【朝起きたときに腰が痛い】

こんにちは。佐々木あきらです。

本日も、ささき整体院のブログにご覧いただきありがとうございます。

ささき整体院に来られる患者様からよく聞くのが、

「朝起きた時に腰が痛い」です。

寝返りが少ないと腰が痛くなる

皆さんは、どのように寝てますか?

寝てる間のことはわからないですよね。

寝返りをあまり打たないと同じ姿勢で寝ている時間が長くなり、

体に負担がかかって腰痛が起きやすくなります。

寝るときの姿勢によって、身体への負担のかかり方が違います。

仰向け

仰向けで寝ると、内臓が腰の方へ下がり、腰を圧迫することで腰痛につながります。

内臓や内臓脂肪は体重の約40%ほどの重さがありその負担を腰にかけることになります。

横向き

横向きで寝ると、内臓の重さが腰にかからない代わりに背骨へ負担がかかります。
長時間続けると、背骨がまっすぐな状態を保ちにくくなるため、背骨が曲がって腰に負担がかかります。

うつ伏せ

うつ伏せで寝ると、内臓の重さが腰にかからない代わりに背骨へ負担がかかります。

うつ伏せで寝ると背骨が反りすぎてしまい、腰に負担がかかります。

 

寝ている間は、楽な姿勢で横になり、適度に寝返りなどもしていると思いますが、

それでも長時間、同じような姿勢でいることになります。

そうすると、身体のあちこちがこり固まって痛みを起こすことがあるのです。

朝起きる時の痛みをやわらげる睡眠姿勢

寝る時の姿勢に気を付けると、朝起きる時の腰の痛みがやわらぐことがあります。

どんな姿勢が良いのかというと、

できるだけ腰を丸める姿勢です。

横向きに寝て、猫のように腰を丸めると良いでしょう。

腰を丸めると痛みの原因になりやすい筋肉が軽くストレッチされます。

そのため筋緊張を起こしにくくなり、朝の痛みがやわらぐのです。

 

抱き枕などを使うのも良いかもしれませんね。

 

 

お客様の気持ちに寄り添いしっかりと私達夫婦でサポートいたします。

腰痛専門ですが、その他の症状の肩こり、膝痛、座骨神経痛、ヘルニア、外反母趾などのご相談も気軽にどうぞ。

ご予約・お問い合わせはこちらから、お気軽にお問合せください。

当日または次の日にメッセージ頂いた連絡先へ当院よりご連絡いたします

最後までお読みいただきありがとうございました。

サロン情報
ささき整体院 奈良店
【営業時間】10:00~20:00
【最終受付】18時 完全予約制
【定休日】不定休
ささき整体院 大阪店
【営業時間】10:00~18:00
【最終受付】16時 完全予約制
【定休日】日曜日・祝日

この記事を書いている人 - WRITER -
院長 Akira
こんにちは。佐々木映です。香芝二上・大阪堺筋本町で腰痛専門の整体院を夫婦でしています。どこに行けばいいのかわからない症状、病院や接骨院でどうにもならかった症状を、ささき整体院で根本からとりのぞいていきましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 香芝市 腰痛 整体なら ささき整体院 , 2020 All Rights Reserved.